ホーム > 事業情報 > ドローン・コンサルティング > SORAZOU

SORAZOU

空から映像を撮る

[SORAZOU]は、UAV: Unmanned Aerial Vehicle(無人航空機)を用いた、写真・映像の撮影サービスです。無人航空機ならではの鳥瞰写真や躍動感ある映像の撮影はもちろん、人が立ち入れない場所の撮影や、定期調査・繰り返し調査にも最適です。ブルーイノベーションは、海岸調査におけるUAV実用化のパイオニア。世界最先端の自動飛行技術と高度な解析技術により、お客様の様々なニーズにお応えします。

調査・モニタリング 海岸モニタリングサービス 各種構造物の点検 自然環境のモニタリング
プロモーション 海岸・まちのプロモーションビデオ・写真 学校・企業のプロモーションビデオ・写真

調査・モニタリング

日本初のUAVモニタリングシステム

日本ではじめて海岸モニタリングにUAVを取り入れたのは、ブルーイノベーション(旧社名:(有)アイコムネット)です。 東京大学と共同で、無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle)を用いた新しい海岸モニタリングシステムを研究開発しました。世界最先端の自動飛行技術と高精度な解析技術により、従来の有人機による空中撮影と比較して、圧倒的な情報取得量を可能にし、低コスト化を実現しました。

常時通信制御

  • UAVは無人飛行機なので、人が直接立ち入ることのできない危険な箇所でも調査が可能です。
  • GPS誘導による完全自立型の自動飛行が可能です。プログラムされたルートを自動飛行できるので、範囲が決まっている調査や、複数回の調査に有利です。
  • 高度150m以下は航空法の申請がいらないため、都合にあわせてすぐに飛行が可能です。
  • 小型なので低高度や構造物に接近しての撮影も可能です。
  • 大きさは大小様々であり、固定翼機(飛行機)と回転翼機(ヘリコプター)から、お客様のご要望の映像に応じてベストな機体を選択します。
UAVの特徴
撮影範囲狭域(数百m)広域(数十km)
撮影費用(解析費用)安価(数十万)
撮影高度(50m以上)高€
(※150m以下なら航空法申請不要)
撮影時期常時飛行可能(モニタリングに最適)
アウトプット高解像度写真・動画
飛行経路同一高度・同一経路
UAV UAV UAV

UAVには、飛行機、ヘリコプター、マルチコプターなどがあり、ご要望の映像に応じてベストな機体を選択できます。

海岸モニタリングサービス

UAVは、GPSと慣性センサによって飛行経路と高度を高精度に保てるため、安定した調査データを得ることが可能です。また、低空飛行が可能なため、対象に接近した精細な画像取得も可能です。

空撮写真
無人飛行機(UAV)の撮影空中写真 有人飛行機の撮影空中写真 ヘッドランドの斜め写真・カスプ地形
空撮映像

動画による調査では、波浪や離岸流の状況、背後地の利用状況などがより明確に把握できます。


※東京大学(大学院工学系研究科 鈴木・土屋研究室)、早稲田大学(理工学術院総合研究所 橋詰・天野研究室)、ブルーイノベーション(株)(旧社名:(有)アイコムネット)による共同調査映像(2011年6月3日)

モニタリング調査

プログラムされたルートを自動飛行し、詳細なデータを定期的に得ることが可能です。経年データより、精度の高い海岸特性の把握が可能になります。

  1. 波浪(波向、波長、周期)の判読
  2. 離岸流の発生位置・流速の把握
  3. 波の遡上位置を空間的に把握
  4. 濁りの拡散状況の把握
  1. 砂浜表面の底質状況の判読
  2. 同一高度・同一飛行経路の飛行
  3. 海岸構造物(護岸・突堤・ヘッドランド・離岸堤など)の状況把握
  4. 背後の土地利用の状況把握

(a)HL周りの波・流れ
HL周りの波・流れ

(b)海浜中央部での離岸流の発達
海浜中央部での離岸流の発達

(c)波の遡上線
波の遡上線

(d)周期・波長
周期・波長

(e)濁りの分布
濁りの分布

スケジュール

スケジュール

各種構造物の点検

無人航空機の自動飛行による調査のため、人が直接立ち入ることのできない危険な場所でも調査が可能です。 また、小型で低空飛行もできるため、対象物に接近して撮影可能です。撮影画像を解析し、サビ・腐食やコンクリートクラックなどの構造物の健全度の点検調査に利用できます。

  • 橋梁(橋脚部や桁裏部)
  • ダム、ビルの壁面
  • 河川・海岸の構造物(護岸、突堤、離岸堤、人工リーフなど)
橋梁の橋脚接合部の点検
橋梁の橋脚接合部の点検
コンクリート橋げたクラックの点検
コンクリート橋げたクラックの点検
スケジュール

スケジュール

自然環境のモニタリング

無人航空機の自動飛行による調査のため、人が直接立ち入ることのできない危険な場所でも調査が可能です。
高解像度の空中撮影は、沿岸部や山間部の植生帯などの定点観測等の調査・解析にも利用できます。

  • 沿岸部や山間部の植生帯の調査・定点観測
  • 崖や岩場などの状況把握
  • 噴火口の調査
  • 河川とその流域の状況調査
  • 渓谷や滝などの状況把握
  • 干潟の地形調査
スケジュール

スケジュール

プロモーション

表現の自由度の高い空撮サービス

UAVを用いて、空中からあらゆる方向から、表現の自由度の高い映像を撮影できます。海岸はもちろん、まちや施設の上空から、今までにないカット構成・躍動感あふれる映像を撮影して提供します。
また、人が立ち入ることのできない山岳地・森林・河川の撮影や、寺院・建築物などの観光資源に接近しての撮影も可能です。迫力ある高精細な映像を提供します。
さらに、有人飛行サービスに比べてコストを抑えられ、離着陸場所などの条件に柔軟に対応します。UAVのメリットを、様々な分野のプロモーション撮影にぜひご活用ください。

学校プロモーションの事例(スチル写真)
学校プロモーションの事例(スチル写真)

  • 位置や高度をプログラム制御し、任意の位置に静止しての写真・映像撮影が可能です。
  • 上昇・下降・旋回など移動しながらの撮影も可能です。
  • プログラムされたルートを自動飛行できるので、
    計算されたアングルでの撮り直しにも対応できます。
  • 無人航空機なので、人が直接立ち入ることのできない場所の撮影も可能です。
  • 小型なので対象物に接近した撮影も可能です。
  • 有人飛行サービスに比べて低コスト。高度150mまでなら航空法の申請の手間も省けます。
  • 離着陸地の条件に軟に対応できます。

海岸・まちのプロモーションビデオ・写真

表現の自由度の高い空撮サービスで、高精細な映像・写真を提供します。今までにない視点のプロモーションビデオ・写真で、海岸やまちの魅力を余すところなく伝えます。

  • まちの上空からの撮影
  • 海岸・山・河川など、人が立ち入りにくい自然の撮影
  • 寺院・施設などの観光資源の撮影・接近撮影
  • 上昇・下降・移動・旋回しながらの映像撮影

海岸プロモーションの事例(スチル写真)

海岸プロモーションの事例(スチル写真)
スケジュール

スケジュール

学校・企業のプロモーションビデオ・写真

UAVによる躍動感のある映像、迫力ある接近写真・映像、上空からの全景写真・映像を、学校や企業・施設のプロモーションに活用してください。魅力あふれるビデオ・写真を提供します。

  • 学校・企業・工場などの施設全景写真
  • 敷地内や周辺環境の映像
  • 公園や遊園地などを移動しながら撮影した躍動感ある映像
  • 建築物に接近した映像・写真
  • 季節や時間を変えた定点写真・映像

※お客様以外の第三者が管理している場所(公共の場所・私有地など)での撮影には、管理者の許可が必要です。

スケジュール

スケジュール

PageTop