ホーム > 研究技術

研究技術

研究技術の紹介

ブルーイノベーションの事業力・サービス力の礎。設立当初から変わらない研究者魂。

特別項目
【新規研究開発】
  1. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2011):セルオートマトン法を用いた海浜変形予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_456-I_460.
  2. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2011):粗粒材養浜時における礫浜上での砂層形成予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_481-I_485.
  3. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2011):変形履歴に起因する粒度組成変化を考慮可能な等深線変化モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_491-I_495.
  4. 酒井和也・熊田貴之・松野宣幸・土屋武司・柄沢研冶・鈴木真二・鈴木太郎・橋詰 匠(2011):海岸調査における飛行ロボットの活用事例,飛行機シンポジウム,第49回,1A2.
  5. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2010):粗粒材養浜に伴う細砂の堆積助長と礫の打込み予測,海岸工学論文集,第57巻,pp.456-460.
  6. 下山陽平・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2010):海面上昇・下降時におけるバーム形状の変化予測モデル,海岸工学論文集,第57巻,pp.461-465.
  7. 渡辺剛士・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・三波俊郎・野志保仁(2010):未固結の地層からなる崖と汀線の後退予測モデル-上総湊~磯根崎の侵食の再現- ,海岸工学論文集,第57巻,pp.496-500.
  8. 今井和敏・丹 邦敏・宇多高明・野志保仁・熊田貴之・酒井和也(2010):ヘッドランドと潜突堤を組み合わせた新しい漂砂制御施設,海洋開発論文集,第26巻,pp.1131-1136.
  9. 熊田貴之・宇多高明・鈴木真二・酒井和也・野志保仁・森田 学・柄沢研治(2010):無人飛行機(UAV)による新しい海岸モニタリング手法,海洋開発論文集,第26巻,pp.1167-1172.
  10. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・野志保仁・古谷真広(2010):自然海浜と護岸前面における前浜の季節変動の再現計算,海洋開発論文集,第26巻,pp.1203-1208.
  11. 野志保仁・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・小林昭男(2009):粒度組成を考慮した平衡勾配概念およびBagnold概念に基づいた地形・粒径変化予測モデル,海岸工学論文集,第56巻,pp.501-505. (PDF 1.4MB)
  12. Noshi, Y., Uda, T., Serizawa, M., Kumada, T. and Kobayashi, A. 2010. Model for predicting bathymetric and grain size changes based on Bagnold's concept and equilibrium slope corresponding to grain size composition, Proc. 32nd ICCE, sediment.15, pp. 1-13. http://journals.tdl.org/ICCE/article/view/1075/pdf_177
  13. 清水達也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・野志保仁(2009):沿岸漂砂卓越海岸における多段バーの消失・形成予測モデル,海岸工学論文集,第56巻,pp.606-610. (PDF 1.0MB)
  14. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2009):滑らかな縦断形を予測可能な3次元モデルを利用した養浜効果検討,海岸工学論文集,第56巻,pp.691-695. (PDF 1.1MB)
  15. Noshi, Y., A. Kobayashi and T. Uda (2009): Model for predicting bathymetric and grain size changes considering equilibrium beach slopes corresponding to composition of grain size and each grain size, Jour. Coastal Res., SI 56 (Proceedings of the 10th International Coastal Symposium), Portugal, pp.108-112.
  16. 清水達也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁・熊田貴之(2008): 等深線変化モデルを応用したバー・トラフ形成に関する縦断モデル, 海岸工学論文集,第55巻, pp.456-460. (PDF 1.3MB)
  17. 宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄・長山英樹(2008):波向変動場で生じる漂砂大循環の発生メカニズム, 海岸工学論文集,第55巻, pp.506-510. (PDF 1.3MB)
  18. 小林昭男・宇多高明・野志保仁・芹沢真澄(2008):Coral reef における砂浜発達のモデル化, 海洋開発論文集, pp.1231-1236.
  19. 野志保仁・小林昭男・宇多高明(2008):粒度組成と個々の粒径に対応した複合 平衡勾配を考慮した海浜地形・粒径変化予測モデル,地形,第29巻,第4 号, pp.399-419.
  20. Shimizu, T., A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada, Y. Noshi and M. Serizawa. 2009. Numerical simulation of grain-size sorting at beach cusps, Poster Proc. ICCE 2008, pp. 190-202.
  21. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄(2007):粗度組成に応じた局所縦断勾配を考慮した等深線変化モデル,海岸工学論文集,第54巻,pp.426-430. (PDF 0.5MB)
  22. 清水達也・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・野志保仁・芹沢真澄(2007):ビーチカスプにおける粒径分級の数値計算,海岸工学論文集,第54巻,pp.691-695. (PDF 1.2MB)
  23. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2007):チョウセンハマグリの生息分布の予測モデル,海岸工学論文集,第54巻,pp.1201-1205. (PDF 1.2MB)
  24. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2007):卓越粒径集団に応じた平衡勾配を考慮した等深線・粒径変化モデル, 土木学会論文集B, Vol. 63, No.2, pp.154-167.
  25. Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa, H. Ishii, T. Nakamura and Y. Oki (2007): Numerical simulation and field experiment on beach nourishment using coarse materials, Asian and Pacific Coasts 2007, Proc. 4th International Conf., pp. 1094-1105.
  26. Serizawa, M., T. Uda, T. San-nami, K. Furuike, T. Ishikawa and T. Kumada (2007) : Model for predicting beach changes on coast with sand of mixed grain size based on Bagnold’s concept, Coastal Sediments ’07, pp. 314-326.
  27. 芹沢真澄・宇多高明・熊田貴之・三波俊郎・古池 鋼・石川仁憲・野志保仁(2006):Bagnold概念に基づく混合粒径海浜の変化予測モデル,海岸工学論文集,第53巻,pp. 626-630. (PDF 0.6MB)
  28. 石井秀雄・中村友和・宇多高明・高橋 功・大木康弘・熊田貴之(2006):粗粒材養浜による砂浜の安定化に関する現地実験,第53巻,海岸工学論文集,pp. 681-685. (PDF 0.6MB)
  29. Noshi, Y., A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada and M. Serizawa (2006): Relationship between local seabed slope and grain size composition of bed materials, Proc. 30th ICCE, pp. 3030-3042.
  30. Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa and Y. Noshi (2006): Model for predicting changes in grain size distribution of bed materials, Proc. 30th ICCE, pp. 3043-3055.
  31. Sakai, K., T. Uda, M. Serizawa, T. Kumada and Y. Kanda (2006): Model for predicting three-dimensional sea bottom topography of statically stable beach, Proc. 30th ICCE, pp. 3184-3196.
  32. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2005):局所勾配算定式の適用範囲と底質特性の新しい評価指標, 海岸工学論文集, 第52巻, pp. 406-410. (PDF 1.4MB)
  33. 三浦正寛・宇多高明・芹沢真澄・小林昭男・酒井和也(2005):汀線変化モデルの新しい開境界処理法,海岸工学論文集,第52巻,pp. 536-540. (PDF 1.1MB)
  34. 三浦正寛・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2004):基本資料不足の海浜における汀線変化予測モデルの開発,海岸工学論文集,第51巻,pp. 436-440. (PDF 0.8MB)
  35. 野志保仁・小林昭男・熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2004):底質粒度構成に応じた局所縦断勾配の算定法,海岸工学論文集,第51巻,pp. 406-410. (PDF 1.2MB)
  36. 柴崎 誠・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2004):離岸流の発生と窪みの形成・維持機構のモデル化,海岸工学論文集,第51巻,pp.141-145. (PDF 0.8MB)
  37. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2004):粒度組成の3次元変化を考慮した等深線変化モデル,海岸工学論文集,第51巻,pp. 441-445. (PDF 0.4MB)
  38. Shibazaki, M., T. Uda, M. Serizawa, T. Kumada and A. Kobayashi (2004): On the configuration of rip channel accelerating development of rip current, Proc. 29th ICCE, pp. 1506-1518.
  39. Miura, M., T. Uda, M Serizawa, T. Kumada and A. Kobayashi (2004): Development of practical one-line model applicable to coasts with scarce wave and topographic data, Proc. 29th ICCE, pp. 2048-2060.
  40. Uda, T., T. Kumada and M. Serizawa (2004): Predictive model of change in longitudinal profile in beach nourishment using sand of mixed grain size, Proc. 29th ICCE, pp. 3378-3390.
  41. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄(2003):沿岸・岸沖漂砂による粒径分級を考慮した等深線変化モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.481-485. (PDF 0.4MB)
  42. 酒井和也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2003):波の遮蔽構造物を有する海岸における3次元静的安定海浜形状の簡易予測モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.496-500. (PDF 0.4MB)
  43. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄・小林昭男(2003):混合砂による養浜時縦断形予測モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.596-600. (PDF 1.4MB)
  44. 熊田貴之・小林昭男・酒井和也・柴﨑 誠・宇多高明・芹沢真澄(2003):沿岸漂砂卓越場における混合粒径砂の3次元分級に関する実験と計算, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.905-910. (PDF 2.0MB)
  45. Sakai, K., A. Kobayashi, T. Kumada, T. Uda and M. Serizawa (2003): Predictive model of three-dimensional beach changes on a coast with a seawall by expanding Hsu model, Coastal Sediments '03, pp.1-15.
  46. Kumada, T., A. Kobayashi, T. Uda and M. Serizawa (2003): Development of predictive model of shoreline and grain size changes, Coastal Sediments '03, pp.1-14.
  47. Serizawa, M., T. Uda, T. San-nami, K. Furuike and T. Kumada (2003): Improvement of contour line change model in terms of stabilization mechanism of longitudinal profile, Coastal Sediments '03, pp.1-15.
  48. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・星上幸良・増田光一(2002):混合粒径砂の分級過程を考慮した海浜変形モデルの開発 , 海岸工学論文集, 第49巻, pp.476-480. (PDF 0.9MB)
  49. 芹沢真澄・宇多高明・三波俊郎・古池 鋼・熊田貴之(2002):海浜縦断形の安定化機構を組み込んだ等深線変化モデル, 海岸工学論文集,第49巻, pp.496-500. (PDF 0.4MB)
  50. 酒井和也・小林昭男・熊田貴之・芹沢真澄・宇多高明・三波俊郎(2002):3次元Hsuモデルによるポケットビーチ内の護岸周辺の静的安定海岸形状の予測, 海岸工学論文集, 第49巻, pp.631-635. (PDF 1.5MB)
【東日本大震災】
  1. 酒井和也・宇多高明・清水達也・熊田貴之・本橋修二・渡邉 徹(2012):侵食海岸を襲った2011年地震・津波による護岸の破壊 -茨城県の成田・上釜海岸の例-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_31-I_36.
  2. 宇多高明・五十嵐竜行・中橋 正・保田英明・熊田貴之・酒井和也・清水達也(2012):流入小河川および海浜へのアクセス路からの津波侵入-九十九里浜の例-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_37-I_42.
  3. 宇多高明・三波俊郎・星上幸良・酒井和也(2012):2011年大津波の災害と被災を免れた神社,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_43-I_48.
  4. 宇多高明・星上幸良・野志保仁・酒井和也(2012):2011年大津波による福島県岩間佐糠海岸における砂州の大変形と津波被害,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_192-I_197.
  5. 宇多高明・熊田貴之・清水達也・渡邉 徹(2012):大洗港の南北海岸の長期的変遷-2011年大津波の影響も含む-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_648-I_653.
  6. 宇多高明・星上幸良・酒井和也・野志保仁・遠藤将利・小澤宏樹(2012):2011年地震津波により流失した鮫川河口砂州の復元時における周辺海岸の侵食,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション08-01.
  7. 宇多高明・酒井和也(2012):津波対策施設としての土塁(砂丘)構造についての一考察,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション13-03.
  8. 宇多高明・三波俊郎・星上幸良・酒井和也(2012):2011年大津波の災害と被災を免れた神社,土木技術資料,Vol.54-5,pp.58-61.
  9. 宇多高明・酒井和也・星上幸良(2012):侵食海岸を襲った2011年大津波による護岸の破壊-茨城県北部神岡上海岸の事例-,水利科学,No.325,pp.15-29.
  10. Uda, T., K. Sakai, Y. Hoshigami and Y. Noshi (2012): Deformation of sandy beach and inundation on Iwama-Sanuka coast in Fukushima Prefecture due to the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami, Journal of Disaster Research, Vol. 7, No. sp, pp. 476-484.
  11. 野志保仁・宇多高明・酒井和也・星上幸良・小澤宏樹(2011):2011年大津波による福島県岩間佐糠海岸における被害と浸水深,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  12. 星上幸良・宇多高明・酒井和也(2011):2011年大津波による福島県いわき市豊間海岸の被災実態,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  13. 小林昭男・宇多高明・清野聡子・酒井和也・野志保仁・星上幸良(2011):2011大津波による九十九里浜での海岸災害,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  14. 酒井和也・宇多高明・熊田貴之・清水達也・野志保仁(2011):地震・津波による茨城県神岡上海岸と上釜海岸における護岸(農林)の倒壊,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  15. 宇多高明・酒井和也・三波俊郎(2011):津波越流による堤防背後における大溝の形成と堤防裏のりの吸出し破壊,土木技術資料,Vol.53-11,pp.60-63.
防災・環境事業部
【防災技術】
  1. 酒井和也・宇多高明・清水達也・熊田貴之・本橋修二・渡邉 徹(2012):侵食海岸を襲った2011年地震・津波による護岸の破壊 -茨城県の成田・上釜海岸の例-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_31-I_36.
  2. 宇多高明・五十嵐竜行・中橋 正・保田英明・熊田貴之・酒井和也・清水達也(2012):流入小河川および海浜へのアクセス路からの津波侵入-九十九里浜の例-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_37-I_42.
  3. 宇多高明・星上幸良・野志保仁・酒井和也(2012):2011年大津波による福島県岩間佐糠海岸における砂州の大変形と津波被害,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_192-I_197.
  4. 清水達也・宇多高明・熊田貴之・中橋 正・保田英明(2012):九十九里浜北部(飯岡漁港~片貝漁港)の長期的地形変化,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_642-I_647.
  5. 宇多高明・熊田貴之・清水達也・渡邉 徹(2012):大洗港の南北海岸の長期的変遷-2011年大津波の影響も含む-,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_648-I_653.
  6. 大貫 崇・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・遠藤将利・野志保仁(2012):太平洋に流入する中小河川の河口砂州の季節変動の観測,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_654-I_659.
  7. 宇多高明・清野聡子・三波俊郎・高瀬和博・柴﨑 誠・酒井和也(2012):宮崎海岸(赤江浜)の海浜変形と侵食の実態,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_666-I_671.
  8. 宇多高明・野志保仁・熊田貴之・酒井和也・本橋修二・菊池泉弥(2012):茨城県阿字ヶ浦海岸の海浜変形の実態,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_672-I_677.
  9. 宇多高明・小澤宏樹・星上幸良・清水達也・野志保仁(2012):伊豆大島間伏海岸の海浜変形機構,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_678-I_683.
  10. 宇多高明・引山 誠・小澤宏樹・星上幸良・清水達也・野志保仁(2012):琵琶湖近江白浜における突堤と養浜による侵食対策の効果検証,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_726-I_731.
  11. 清野聡子・宇多高明・伊藤良弘・南雲吉久・秋山 桂・五十嵐崇博・酒井和也(2012):海岸管理者技術教育プログラムの企画と実施 - 国土交通大学校における海岸科研修の例 -,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_1157-I_1162.
  12. 野志保仁・宇多高明・清水達也・熊田貴之・冨澤和雄・川瀬 栄・下木 豪(2012):一宮海岸が良好なサーフスポットとして成立している理由,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_1209-I_1214.
  13. 宇多高明・星上幸良・酒井和也・野志保仁・遠藤将利・小澤宏樹(2012):2011年地震津波により流失した鮫川河口砂州の復元時における周辺海岸の侵食,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション08-01.
  14. 宇多高明・星上幸良・小澤宏樹・酒井和也(2012):自然の原理に忠実な中小河川の河口処理法,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション08-02.
  15. 宇多高明・酒井和也(2012):津波対策施設としての土塁(砂丘)構造についての一考察,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション13-03.
  16. 宇多高明・三波俊郎・星上幸良・酒井和也(2012):2011年大津波の災害と被災を免れた神社,土木技術資料,Vol.54-5,pp.58-61.
  17. 宇多高明・酒井和也・星上幸良(2012):侵食海岸を襲った2011年大津波による護岸の破壊-茨城県北部神岡上海岸の事例-,水利科学,No.325,pp.15-29.
  18. Uda, T., K. Sakai, Y. Hoshigami and Y. Noshi (2012): Deformation of sandy beach and inundation on Iwama-Sanuka coast in Fukushima Prefecture due to the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami, Journal of Disaster Research, Vol. 7, No. sp, pp. 476-484.
  19. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2011):セルオートマトン法を用いた海浜変形予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_456-I_460.
  20. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2011):粗粒材養浜時における礫浜上での砂層形成予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_481-I_485.
  21. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2011):変形履歴に起因する粒度組成変化を考慮可能な等深線変化モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_491-I_495.
  22. 野志保仁・宇多高明・星上幸良・田村憲史(2011):福島県の鮫川河口を含む竜宮岬~勿来漁港で起きつつある海浜変形,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_536-I_540.
  23. 宇多高明・野志保仁・星上幸良・辻岡雄樹・西村隆吉(2011):福井県水島の海浜変形の実態と地形変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_541-I_545.
  24. 宇多高明・清水達也・野志保仁・熊田貴之・中山拓也・石井光男・保田英明(2011):太東漁港防波堤の延伸による漂砂逆流現象の再現と堆砂防止策,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_546-I_550.
  25. 丸山將吾・磯貝朋之・元永 秀・宇多高明・酒井和也・石川仁憲(2011):大磯海岸における砂詰試験体周辺の前浜地形変化の観測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_651-I_655.
  26. 酒井和也・宇多高明・足利由紀子・清野聡子・山本真哉・三原博起・沖 靖広(2011):中津干潟三百間砂州における袋詰め石突堤による沿岸漂砂の制御実験,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1075-I_1080.
  27. 宇多高明・野志保仁・星上幸良(2011):離岸堤の設計基準の改善策,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1087-I_1092.
  28. 宇多高明・熊田貴之・清水達也・中山拓也・石井光男・保田英明(2011):南九十九里浜一宮海岸の長期汀線変化と沿岸漂砂量分布の推定,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1105-I_1110.
  29. 小林昭男・大貫 崇・宇多高明・野志保仁・星上幸良(2011):福島県四倉・夏井海岸の海浜変形の実態,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1212-I_1217.
  30. 宇多高明・熊田貴之・清水達也・冨澤和雄・川瀬 栄・今村康士(2011):南九十九里浜一宮海岸のヘッドランド周辺の地形特性,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1224-I_1229.
  31. 田村憲史・小林昭男・宇多高明・黒澤祐司・遠藤将利・野志保仁(2011):平潟漁港に隣接する九ノ崎~五浦海岸での土地利用の変化と海浜変形,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 67,No. 2,I_1236-I_1241.
  32. 野志保仁・宇多高明・酒井和也・星上幸良・小澤宏樹(2011):2011年大津波による福島県岩間佐糠海岸における被害と浸水深,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  33. 星上幸良・宇多高明・酒井和也(2011):2011年大津波による福島県いわき市豊間海岸の被災実態,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  34. 小林昭男・宇多高明・清野聡子・酒井和也・野志保仁・星上幸良(2011):2011大津波による九十九里浜での海岸災害,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  35. 星上幸良・宇多高明・佐々木庸平・小澤宏樹・酒井和也・清水達也(2011):伊豆大島間伏海岸の海浜変形機構,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  36. 大貫 崇・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・遠藤将利・野志保仁(2011):河口位置の変動と沿岸漂砂の河口横断機構,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  37. 黒澤祐司・小林昭男・宇多高明・野志保仁・遠藤将利(2011):粗粒材養浜後の円磨度の変化とすりへり試験,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  38. 酒井和也・宇多高明・熊田貴之・清水達也・野志保仁(2011):地震・津波による茨城県神岡上海岸と上釜海岸における護岸(農林)の倒壊,日本沿岸域学会研究討論会2011講演概要集,No.24.
  39. 岩瀬光平・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2011):動的平衡地形としての河口沖テラスの形成に関する実測と計算,水工学論文集, 第55巻,pp.1549-1554.
  40. 宇多高明・山崎彰吾・引山 誠・星上幸良・清水達也・野志保仁(2011):河川供給土砂量の減少に起因する湖浜変形-琵琶湖の鴨川と近江白浜の例, 地形, Vol.32, pp.411-436.
  41. 宇多高明・酒井和也・三波俊郎(2011):津波越流による堤防背後における大溝の形成と堤防裏のりの吸出し破壊,土木技術資料,Vol.53-11,pp.60-63.
  42. 宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2011):韓国西岸の江華島・大川・独山の海岸踏査,土木技術資料,Vol.53-3,pp.54-57.
  43. Noshi, Y., T. Uda, H. Tsuchiko, K. Imai and T. Higano (2011) : Prediction of topography of stable beach produced by gravel nourishment at Jinkoji coast and further nourishment using medium sand, Coastal Sediments ’11, pp. 29-42.
  44. Sakai, K., T. Uda, S. Seino and Y. Ashikaga (2011): Sand circulation offshore of mouth of a river flowing into tidal mud flats, Coastal Sediments ’11.
  45. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2010):粗粒材養浜に伴う細砂の堆積助長と礫の打込み予測,海岸工学論文集,第57巻,pp.456-460.
  46. 下山陽平・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2010):海面上昇・下降時におけるバーム形状の変化予測モデル,海岸工学論文集,第57巻,pp.461-465.
  47. 宇多高明・清野聡子・三波俊郎・柴﨑 誠(2010):深浅データに基づく宮崎県赤江浜の大規模地形変化の解析,海岸工学論文集,第57巻,pp.491-495.
  48. 渡辺剛士・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・三波俊郎・野志保仁(2010):未固結の地層からなる崖と汀線の後退予測モデル-上総湊~磯根崎の侵食の再現- ,海岸工学論文集,第57巻,pp.496-500.
  49. 土子浩之・宇多高明・今井和敏・日向野 崇・丹 邦敏・野志保仁・熊田貴之・酒井和也(2010):神向寺海岸での粗粒材養浜後の海浜変形の追算と小宮作・下津海岸における海浜復元計画の検討,海岸工学論文集,第57巻,pp.636-640.
  50. 宇多高明・藤原博昭・上橋 昇・大木孝志・田代洋一・酒井和也(2010):皆生海岸の人工リーフの嵩上げの効果に関する実験,海岸工学論文集,第57巻,pp.891-895.
  51. 足利由紀子・清野聡子・宇多高明・畦津義彦・菖蒲明久・三原博起・小森信二・渡辺誠治・酒井和也(2010):中津干潟沖での覆砂の岸向き移動機構,海岸工学論文集,第57巻,pp.1181-1185.
  52. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2010):明石海岸における礫養浜後の海浜状況変化,海洋開発論文集,第26巻,pp.1053-1058.
  53. 中山拓也・宇多高明・野志保仁・酒井和也(2010):ヘッドランド間での離岸堤と養浜を組み合わせた養浜効果の早期発現法,海洋開発論文集,第26巻,pp.1065-1070.
  54. 宇多高明・酒井和也・清野聡子・星上幸良(2010):飯岡漁港南防波堤の延伸に伴う漂砂上手側での砂浜形成と環境変化,海洋開発論文集,第26巻,pp.1071-1076.
  55. 渡辺剛士・小林昭男・宇多高明・三波俊郎・星上幸良・野志保仁(2010):千葉県内房の上総湊~磯根崎間での著しい海岸侵食の実態,海洋開発論文集,第26巻,pp.1089-1094.
  56. 今井和敏・丹 邦敏・宇多高明・野志保仁・熊田貴之・酒井和也(2010):ヘッドランドと潜突堤を組み合わせた新しい漂砂制御施設,海洋開発論文集,第26巻,pp.1131-1136.
  57. 小松崎誠・坂本一誠・松浦健郎・宇多高明・熊田貴之(2010):波向の周期的変動場における効果的なヘッドランド形状に関する検討,海洋開発論文集,第26巻,pp.1149-1154.
  58. 熊田貴之・宇多高明・鈴木真二・酒井和也・野志保仁・森田 学・柄沢研治(2010):無人飛行機(UAV)による新しい海岸モニタリング手法,海洋開発論文集,第26巻,pp.1167-1172.
  59. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・野志保仁・古谷真広(2010):自然海浜と護岸前面における前浜の季節変動の再現計算,海洋開発論文集,第26巻,pp.1203-1208.
  60. 大貫 崇・小林昭男・宇多高明・野志保仁・遠藤将利(2010):人為的改変に伴う自然海浜の狭小化-千葉県勝山海岸の例-, 日本沿岸域学会研究討論会2010講演概要集,No.23.
  61. 星上幸良・宇多高明・柴崎 誠・萩野裕章(2010):宮崎県北部耳川~都農川間での消波工設置に起因する保安林の成育阻害, 日本沿岸域学会研究討論会2010講演概要集,No.23.
  62. 宇多高明・辻岡雄樹・西村隆吉・西岡陽一・星上幸良・小澤弘樹・野志保仁(2008):福井県水島における防波堤の建設に伴う海浜変形,地形,第32巻,pp.29-48.
  63. 宇多高明・酒井和也(2010):前浜の季節変動と非可逆的侵食の見分け方,土木技術資料,Vol.52-9,pp.56-59.
  64. 星上幸良・宇多高明・柴崎 誠・萩野裕章(2010):海岸林の生育阻害と海岸保全に関する一考察-宮崎県沿岸の実例をもとに-,平成22年度日本海岸林学会研究発表会講演要旨集, pp.41-44.
  65. Noshi, Y., Uda, T., Serizawa, M., Kumada, T. and Kobayashi, A. 2010. Model for predicting bathymetric and grain size changes based on Bagnold's concept and equilibrium slope corresponding to grain size composition, Proc. 32nd ICCE, sediment.15, pp. 1-13. http://journals.tdl.org/ICCE/article/view/1075/pdf_177
  66. Matsu-ura, T., Uda, T., Kumada, T. and Sumiya, M. 2010. Sand accumulation in wave-shelter zone of Oharai Port and change in grain size of seabed materials on nearby coast, Proc. 32nd ICCE, sediment.63, pp. 1-11. http://journals.tdl.org/ICCE/article/view/1077/pdf_179
  67. Endo, M., Kobayashi, A., Uda, T., Noshi, Y. and Onaka, S. 2010. Shoreline rotation caused by large-scale excavation of reef flat on Sanur Beach in Bali, Proc. 32nd ICCE, sediment.93, pp. 1-12. http://journals.tdl.org/ICCE/article/view/1058/pdf_170
  68. Kumada, T., Uda, T., Matsu-ura, T. and Sumiya, M. 2010. Field experiment on beach nourishment using gravel at Jinkoji coast, Proc. 32nd ICCE, sediment.100, pp. 1-13. http://journals.tdl.org/ICCE/article/view/1076/pdf_178
  69. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・野志保仁・岩瀬光平・大中 晋(2009):リーフ掘削に起因する波浪場の変化がSanur海岸の養浜後海浜に及ぼした影響評価,海岸工学論文集,第56巻,pp.481-485. (PDF 1.3MB)
  70. 野志保仁・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・小林昭男(2009):粒度組成を考慮した平衡勾配概念およびBagnold概念に基づいた地形・粒径変化予測モデル,海岸工学論文集,第56巻,pp.501-505. (PDF 1.4MB)
  71. 谷沢 肇・宇多高明・松浦健郎・菊池泉弥・福本崇嗣・熊田貴之(2009):大洗港による那珂川流出土砂のトラップと遮蔽域内堆砂の実態,海岸工学論文集,第56巻,pp.566-570. (PDF 0.5MB)
  72. 清水達也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・野志保仁(2009):沿岸漂砂卓越海岸における多段バーの消失・形成予測モデル,海岸工学論文集,第56巻,pp.606-610. (PDF 1.0MB)
  73. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2009):滑らかな縦断形を予測可能な3次元モデルを利用した養浜効果検討,海岸工学論文集,第56巻,pp.691-695. (PDF 1.1MB)
  74. 谷沢 肇・宇多高明・松浦健郎・菊池泉弥・福本崇嗣・熊田貴之(2009):鹿島灘海岸北部における粗粒材養浜とサンドバイパスの効果検討,海岸工学論文集,第56巻,pp.716-720. (PDF 1.8MB)
  75. 土子浩之・宇多高明・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・大木康弘(2009):神向寺海岸における粗粒材養浜後の礫層分布の現地実測,海岸工学論文集,第56巻,pp.736-740. (PDF 2.3MB)
  76. 土子浩之・宇多高明・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・大木康弘(2009):根固め効果から見た粗粒材養浜の追跡調査,海岸工学論文集,第56巻,pp.741-745. (PDF 1.9MB)
  77. 南岡大介・小林昭男・宇多高明・野志保仁・清水達也(2009):ヨシの生育評価のためのHSIモデルの提案-夷隅川河口左岸を例として-, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.353-358.
  78. 宇多高明・住谷廸夫・長山英樹・熊田貴之(2009):日立市沿岸における海蝕洞の統計的性質, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.963-968.
  79. 古谷真広・小林昭男・宇多高明・野志保仁・清水達也・遠藤将利(2009):礫浜における細砂中砂の挙動に関する実験的研究, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1113-1118.
  80. 小林昭男・宇多高明・遠藤将利・野志保仁・酒井和也・清水達也(2009):カラーサンドの追跡による粒径毎の漂砂量特性調査, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1125-1130.
  81. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄(2009):滑らかな縦断形を予測可能な地形・粒径変化予測モデルによる養浜効果検討, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1149-1154.
  82. 菅原裕介・小林昭男・宇多高明・酒井和也・黒澤祐司(2009):人為改変による砂浜消失-千葉県船形漁港周辺海岸の例-, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1185-1190.
  83. 北村真一・小林昭男・宇多高明・星上幸良・野志保仁・清水達也(2009):東条・前原海岸における近年の海浜変形の実態, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1203-1208.
  84. 小山 史・小林昭男・宇多高明・野志保仁・清水達也・岩瀬光平(2009):直立護岸前面における前浜の季節変動の現地観測, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1209-1214.
  85. Kumada, T., T. Uda, T. San-nami and M Sumiya. 2009. Beach erosion along cliffy coasts triggered by formation of wave shelter zone, Asian and Pacific Coasts 2009, Proc. 5th International Conf., Vol. 4, pp. 259-265.
  86. Uda, T., M. Serizawa, T. Kumada and K. Sakai. 2010. A new model for predicting three-dimensional beach changes by expanding Hsu and Evans' equation, Coastal Eng., Vol. 57-2, pp. 194-202.
  87. Kumada, T., T. Uda and T. Ishikawa. 2009. Theory and field test of beach nourishment using coarse sand and gravel, Proc. Coastal Dynamics 2009, Paper No. 75, pp. 1-11.
  88. Noshi, Y., A. Kobayashi and T. Uda (2009): Model for predicting bathymetric and grain size changes considering equilibrium beach slopes corresponding to composition of grain size and each grain size, Jour. Coastal Res., SI 56 (Proceedings of the 10th International Coastal Symposium), Portugal, pp.108-112.
  89. Uda, T. T. Kumada and M. Serizawa (2009): Large-scale circulation of littoral drift on coast with seasonal changes in wave direction and amplitude, Jour. Coastal Res., SI 56 (Proceedings of the 10th International Coastal Symposium), Portugal, pp.143-147.
  90. Kobayashi, A., T. Uda and Y. Noshi. 2009. Prediction of outflow of fine sediment associated with sea-level rise, PACON 2008, pp. 124-136.
  91. 清水達也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁・熊田貴之(2008): 等深線変化モデルを応用したバー・トラフ形成に関する縦断モデル, 海岸工学論文集,第55巻, pp.456-460. (PDF 1.3MB)
  92. 宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄・長山英樹(2008):波向変動場で生じる漂砂大循環の発生メカニズム, 海岸工学論文集,第55巻, pp.506-510. (PDF 1.3MB)
  93. 宇多高明・野川康利・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・長山英樹(2008):波崎海岸における浚渫土砂の養浜利用の有効性評価, 海岸工学論文集,第55巻, pp.736-740. (PDF 2.3MB)
  94. 野川康利・宇多高明・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・長山英樹(2008):神向寺海岸における混合砂層厚変化に関する現地実験, 海岸工学論文集,第55巻, pp.771-775. (PDF 0.8MB)
  95. 小林昭男・宇多高明・野志保仁・芹沢真澄(2008):Coral reef における砂浜発達のモデル化, 海洋開発論文集, pp.1231-1236.
  96. 渡辺剛士・小林昭男・宇多高明・星上幸良・野志保仁・清水達也(2008): 海蝕崖の崩落土砂の漂砂系への供給メカニズム, 海洋開発論文集, pp.1273-1278.
  97. 宇多高明・三波俊郎・長山英樹・住谷廸夫・熊田貴之(2008): 茨城県成沢・多賀・河原子海岸の侵食実態, 海洋開発論文集, pp.1327-1332.
  98. 岩瀬光平・小林昭男・宇多高明・石川仁憲・野志保仁・清水達也(2008):人為的要因による北下浦海岸の侵食と三浦海岸の堆積, 海洋開発論文集, pp.1333-1338.
  99. 酒井和也・宇多高明・星上幸良・小澤宏樹(2008):空中写真による近年の富津岬の変形調査, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.47-50.
  100. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・野志保仁・清水達也・熊田貴之(2008):単一粒径砂と混合砂でできた海浜の波による応答の違いに関する実験, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.73-76.
  101. 小林昭男・宇多高明・武 映一郎・野志保仁(2008):干潟におけるヨシ帯の再生機構に関する現地実験, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.133-138.
  102. 下山陽平・小林昭男・宇多高明・星上幸良・熊田貴之(2008):海浜変形とチョウセンハマグリの生息環境の関係, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.139-142.
  103. 小澤宏樹・宇多高明・星上幸良・内木場 俊(2008):ポケットビーチにおける人工リーフ建設に伴う海浜変形-福岡県鐘崎海岸の例-, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.203-206.
  104. 宇多高明・木暮陽一・銭谷秀徳・熊田貴之・三波俊郎・石川仁憲(2008):霞ヶ浦天王崎における湖浜再生に関する検討,水工学論文集,第52巻,pp.1219-1224.
  105. 野志保仁・小林昭男・宇多高明(2008):粒度組成と個々の粒径に対応した複合 平衡勾配を考慮した海浜地形・粒径変化予測モデル,地形,第29巻,第4 号, pp.399-419.
  106. Shimizu, T., A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada, Y. Noshi and M. Serizawa. 2009. Numerical simulation of grain-size sorting at beach cusps, Poster Proc. ICCE 2008, pp. 190-202.
  107. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄(2007):粗度組成に応じた局所縦断勾配を考慮した等深線変化モデル,海岸工学論文集,第54巻,pp.426-430. (PDF 0.5MB)
  108. 宇多高明・熊田貴之・三波俊郎・石川仁憲(2007):霞ヶ浦大山地区における湖浜砂位の周期的変動の原因, 海岸工学論文集,第54巻,pp.471-475. (PDF 0.7MB)
  109. 勝山 均・松浦健郎・宇多高明・熊田貴之・長山英樹・住谷廸夫(2007):鹿島灘海岸の侵食の実態と変形予測,海岸工学論文集,第54巻,pp.576-580. (PDF 0.6MB)
  110. 宇多高明・勝山 均・松浦健郎・熊田貴之・長山英樹・大木康弘(2007):利根川からの土砂流入のある波崎漁港周辺の海浜変形の実態と予測,海岸工学論文集,第54巻,pp.586-590. (PDF 0.6MB)
  111. 宇多高明・高村光雄・久保田隆司・石川謙作・熊田貴之・三波俊郎・石川仁憲(2007):神奈川県秋谷海岸における海浜変形の実態と養浜工の効果予測,海岸工学論文集,第54巻,pp.636-640. (PDF 0.6MB)
  112. 清水達也・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・野志保仁・芹沢真澄(2007):ビーチカスプにおける粒径分級の数値計算,海岸工学論文集,第54巻,pp.691-695. (PDF 1.2MB)
  113. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2007):チョウセンハマグリの生息分布の予測モデル,海岸工学論文集,第54巻,pp.1201-1205. (PDF 1.2MB)
  114. 宇多高明・三波俊郎・長山英樹・住谷廸夫・大木康弘・熊田貴之(2007):保安林および海岸保全区域の境界で起こる問題とその解決法,海洋開発論文集,第23巻,pp. 1015-1020.
  115. 沢村淳人・小林昭男・宇多高明・安本善征・野志保仁(2007):防波堤による波の遮蔽域形成に伴う周辺海岸での侵食防止策の検討,海洋開発論文集,第23巻,pp. 1033-1038.
  116. 宇多高明・住谷廸夫・長山英樹・大木康弘・熊田貴之(2007):漂砂源の枯渇と護岸の前出しによって脆弱化した海浜の異常波浪による急激な侵食,海洋開発論文集,第23巻,pp. 1201-1206.
  117. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2007):卓越粒径集団に応じた平衡勾配を考慮した等深線・粒径変化モデル, 土木学会論文集B, Vol. 63, No.2, pp.154-167.
  118. 宇多高明・星上幸良・三浦正寛・酒井和也・小澤弘樹(2007):館山湾に面した下原漁港周辺の侵食のその後, 日本沿岸域学会研究討論会2007講演概要集,No.20, pp.182-185.
  119. 清水達也・小林昭男(2007):GISを用いた海岸環境の情報統合システム,日本沿岸域学会講演概要集,No.20,pp.110-112.
  120. 宇多高明・木暮陽一・平野一彦・大内香織・三波俊郎・熊田貴之(2007):霞ヶ浦浮島地区における湖浜再生に関する検討, 水工学論文集, 第51巻, pp.1325-1330.
  121. Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa, H. Ishii, T. Nakamura and Y. Oki (2007): Numerical simulation and field experiment on beach nourishment using coarse materials, Asian and Pacific Coasts 2007, Proc. 4th International Conf., pp. 1094-1105.
  122. Serizawa, M., T. Uda, T. San-nami, K. Furuike, T. Ishikawa and T. Kumada (2007) : Model for predicting beach changes on coast with sand of mixed grain size based on Bagnold’s concept, Coastal Sediments ’07, pp. 314-326.
  123. Kumada, T., T. Uda and M. Serizawa (2007): Quantitative evaluation of controlling effect of headland on longshore sand transport using model for predicting changes in contour lines and grain size, Coastal Sediments ’07, pp. 2446-2459.
  124. 芹沢真澄・宇多高明・熊田貴之・三波俊郎・古池 鋼・石川仁憲・野志保仁(2006):Bagnold概念に基づく混合粒径海浜の変化予測モデル,海岸工学論文集,第53巻,pp. 626-630. (PDF 0.6MB)
  125. 木村 泉・佐田明義・宇多高明・高橋 功・熊田貴之・大木康弘(2006):地形・粒径変化予測モデルによるヘッドランドの漂砂制御効果の定量評価,海岸工学論文集,第53巻,pp. 676-680. (PDF 0.7MB)
  126. 石井秀雄・中村友和・宇多高明・高橋 功・大木康弘・熊田貴之(2006):粗粒材養浜による砂浜の安定化に関する現地実験,第53巻,海岸工学論文集,pp. 681-685. (PDF 0.6MB)
  127. 宇多高明・星上幸良・清野聡子・小澤広樹 (2006): 海岸土地利用の変遷と災害リスクの増大-千葉県鴨川沿岸の例-,海洋開発論文集,第22巻,pp. 193-198. (PDF 5.1MB)
  128. 星上幸良・宇多高明・野志保仁・小澤広樹 (2006): 九十九里浜の形成にかかわる土砂供給源に関する一考察,海洋開発論文集,第22巻,pp. 403-408. (PDF 6.5MB)
  129. 宇多高明・酒井和也・芹沢真澄・三浦正寛・星上幸良 (2006): 海跡湖の湖口通過波による湖岸侵食と砂嘴の形成, 海洋開発論文集,第22巻,pp. 433-438. (PDF 5.1MB)
  130. 長谷川雅紀・小林昭男・宇多高明・野志保仁・星上幸良・沢村敦人 (2006): 利用に配慮した緩傾斜護岸への改良法,海洋開発論文集,第22巻,pp. 721-726. (PDF 4.4MB)
  131. 石井秀雄・中村友和・宇多高明・大木康弘・熊田貴之・芹沢真澄 (2006): 茨城県神向寺海岸での粗粒材養浜による砂浜の安定化,海洋開発論文集,第22巻,pp. 887-892. (PDF 5.4MB)
  132. 石井光江・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2006):市民への理解促進のためのフォトモンタージュ法による海岸の修景,日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集,No. 19, pp. 194-196.
  133. 小澤広樹・宇多高明・星上幸良・小林昭男・芹沢真澄(2006):護岸緩傾斜化による越波の増大とその改良策,日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集,No. 19, pp. 204-207.
  134. Noshi, Y., A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada and M. Serizawa (2006): Relationship between local seabed slope and grain size composition of bed materials, Proc. 30th ICCE, pp. 3030-3042.
  135. Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa and Y. Noshi (2006): Model for predicting changes in grain size distribution of bed materials, Proc. 30th ICCE, pp. 3043-3055.
  136. Sumiya, M., T. Uda, T. Kumada and M. Serizawa (2006): Simultaneous prediction of beach changes and grain size distribution on coast with artificial headlands, Proc. 30th ICCE, pp. 3079-3091.
  137. Sakai, K., T. Uda, M. Serizawa, T. Kumada and Y. Kanda (2006): Model for predicting three-dimensional sea bottom topography of statically stable beach, Proc. 30th ICCE, pp. 3184-3196.
  138. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2005):局所勾配算定式の適用範囲と底質特性の新しい評価指標, 海岸工学論文集, 第52巻, pp. 406-410. (PDF 1.4MB)
  139. 三浦正寛・宇多高明・芹沢真澄・小林昭男・酒井和也(2005):汀線変化モデルの新しい開境界処理法,海岸工学論文集,第52巻,pp. 536-540. (PDF 1.1MB)
  140. 住谷廸夫・松浦健郎・宇多高明・高橋 功・大木康弘・熊田貴之・芹沢真澄(2005):粒度組成の平面変化を考慮した等深線変化モデルの鹿島灘海岸への適用,海岸工学論文集,第52巻,pp. 546-550. (PDF 1.7MB)
  141. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・北 賢治・芹沢真澄・熊田貴之(2005):マクロ的視点から見た砂鉄分布特性と広域漂砂特性,海岸工学論文集,第52巻,pp. 611-615. (PDF 0.8MB)
  142. 北 賢仁・小林昭男・宇多高明・野志保仁・和田信幸(2005): 堆積性海岸における粒径毎の飛砂特性,海洋開発論文集,第21巻,pp. 409-414. (PDF 2.5MB)
  143. 宇多高明・三波俊郎・星上幸良・芹沢真澄・熊田貴之・酒井和也(2005): 卓越沿岸漂砂の阻止に起因した海岸侵食-紋別港~サロマ湖口の例-,海洋開発論文集,第21巻,pp. 451-456. (PDF 4.2MB)
  144. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄・三浦正寛(2005): 波の遮蔽域形成に伴う3次元地形・粒径変化の予測法,海洋開発論文集,第21巻,pp. 1029-1034. (PDF 0.5MB)
  145. 星上幸良・小林昭男・宇多高明・熊田貴之(2005): 近世における九十九里浜の形成と変形, 日本沿岸域学会研究討論会2005講演概要集, No.18, pp. 231-234.
  146. Serizawa, M., T. Uda, T. Kumada, T. San-nami and K. Furuike (2005): Beach erosion caused by dredging of navigation channels at ports and river mouth, Proc. of the 14th Biennial Coastal Zone Conf., New Orleans, Louisiana, pp. 1-5.
  147. 三浦正寛・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2004):基本資料不足の海浜における汀線変化予測モデルの開発,海岸工学論文集,第51巻,pp. 436-440. (PDF 0.8MB)
  148. 野志保仁・小林昭男・熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2004):底質粒度構成に応じた局所縦断勾配の算定法,海岸工学論文集,第51巻,pp. 406-410. (PDF 1.2MB)
  149. 野志保仁・熊田貴之・宇多高明・小林昭男・星上幸良・和田信幸(2004):侵食海岸の前浜に見られる砂鉄高含有率砂層の形成機構,海岸工学論文集,第51巻,pp. 416-420. (PDF 1.4MB)
  150. 柴崎 誠・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2004):離岸流の発生と窪みの形成・維持機構のモデル化,海岸工学論文集,第51巻,pp.141-145. (PDF 0.8MB)
  151. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁(2004):粒度組成の3次元変化を考慮した等深線変化モデル,海岸工学論文集,第51巻,pp. 441-445. (PDF 0.4MB)
  152. 中島明日香・堀田健治・宇多高明・熊田貴之・古池 鋼(2004): 人工海浜の護岸周辺におけるヤドカリ生息条件,海洋開発論文集,第20巻,pp.401-406. (PDF 2.6MB)
  153. 宇多高明・野志保仁・熊田貴之(2004): のり先が波に晒されて危険となった緩傾斜護岸の改善策,海洋開発論文集,第20巻,pp.473-478. (PDF 3.0MB)
  154. 木村久絵・星上幸良・小林昭男・宇多高明・三浦正寛・野志保仁(2004): 保安林造成が海岸侵食に及ぼす影響-千葉県九十九里海岸の例-,海洋開発論文集,第20巻,pp.521-526. (PDF 4.5MB)
  155. 宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄・星上幸良・三波俊郎・小林昭男(2004): 侵食域の前浜上における砂鉄層形成のメカニズム,海洋開発論文集,第20巻,pp.539-544. (PDF 3.8MB)
  156. 宇多高明・三浦正寛・芹沢真澄・三波俊郎・熊田貴之(2004): 三浦半島西岸に位置する秋谷海岸の侵食機構,海洋開発論文集,第20巻,pp.545-550. (PDF 3.2MB)
  157. 宇多高明・小林昭男・酒井和也・熊田貴之・柴崎 誠・芹沢真澄(2004): 検見川浜に見る緩傾斜護岸の建設による砂浜の喪失,海洋開発論文集,第20巻,pp.551-555. (PDF 1.9MB)
  158. 星上幸良・小林昭男・宇多高明・熊田貴之(2005):近世における九十九里浜の形成と変形,沿岸域学会誌,第17巻第3号,pp. 47-56.
  159. Shibazaki, M., T. Uda, M. Serizawa, T. Kumada and A. Kobayashi (2004): On the configuration of rip channel accelerating development of rip current, Proc. 29th ICCE, pp. 1506-1518.
  160. Miura, M., T. Uda, M Serizawa, T. Kumada and A. Kobayashi (2004): Development of practical one-line model applicable to coasts with scarce wave and topographic data, Proc. 29th ICCE, pp. 2048-2060.
  161. Uda, T., T. Kumada and M. Serizawa (2004): Predictive model of change in longitudinal profile in beach nourishment using sand of mixed grain size, Proc. 29th ICCE, pp. 3378-3390.
  162. 柴崎 誠・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・小林昭男(2003):離岸流発生を助長するリップチャネルの形態について, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.146-150. (PDF 1.8MB)
  163. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄(2003):沿岸・岸沖漂砂による粒径分級を考慮した等深線変化モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.481-485. (PDF 0.4MB)
  164. 酒井和也・熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保人(2003):混合粒径砂による離岸堤周辺の海浜変形の実験と計算, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.486-490. (PDF 1.4MB)
  165. 酒井和也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之(2003):波の遮蔽構造物を有する海岸における3次元静的安定海浜形状の簡易予測モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.496-500. (PDF 0.4MB)
  166. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄・小林昭男(2003):混合砂による養浜時縦断形予測モデル, 海岸工学論文集, 第50巻, pp.596-600. (PDF 1.4MB)
  167. 宇多高明・清野聡子・熊田貴之・星上幸良・芹沢真澄・三波俊郎(2003):波の遮蔽構造物建設に起因して阿字ヶ浦・那珂海岸で進みつつある大規模侵食, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.363-368. (PDF 4.0MB)
  168. 宇多高明・酒井和也・熊田貴之・星上幸良・芹沢真澄・三波俊郎(2003):保安林の前進および波の遮蔽域形成に伴う沿岸漂砂の変化による自然砂丘の狭小化-近年における寺泊・野積海岸の変貌-, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.475-480. (PDF 2.7MB)
  169. 星上幸良・小林昭男・宇多高明・三浦正寛・熊田貴之・三波俊郎(2003):波の遮蔽構造物建設に伴う周辺海岸での侵食・堆積を未然に防ぐ手法に関する考察-館山市下原漁港を例として-, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.481-486. (PDF 2.5MB)
  170. 星上幸良・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・酒井和也・三波俊郎(2003):千葉県外房に位置する平砂浦海岸における保安林造成と海岸侵食, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.487-492. (PDF 1.7MB)
  171. 熊田貴之・小林昭男・酒井和也・柴﨑 誠・宇多高明・芹沢真澄(2003):沿岸漂砂卓越場における混合粒径砂の3次元分級に関する実験と計算, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.905-910. (PDF 2.0MB)
  172. Uda, T., R. Nishi, A. Kikuchi, T. San-nami and T. Kumada (2004): Shoreline changes of a pocket beach triggered by construction of port breakwaters and future measures-the example of Shiratsuru beach, Asian and Pacific Coasts 2003, Proc. 2nd International Conf., paper 64, pp.1-11.
  173. Sakai, K., A. Kobayashi, T. Kumada, T. Uda and M. Serizawa (2003): Predictive model of three-dimensional beach changes on a coast with a seawall by expanding Hsu model, Coastal Sediments '03, pp.1-15.
  174. Kumada, T., A. Kobayashi, T. Uda and M. Serizawa (2003): Development of predictive model of shoreline and grain size changes, Coastal Sediments '03, pp.1-14.
  175. Serizawa, M., T. Uda, T. San-nami, K. Furuike and T. Kumada (2003): Improvement of contour line change model in terms of stabilization mechanism of longitudinal profile, Coastal Sediments '03, pp.1-15.
  176. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・星上幸良・増田光一(2002):混合粒径砂の分級過程を考慮した海浜変形モデルの開発 , 海岸工学論文集, 第49巻, pp.476-480. (PDF 0.9MB)
  177. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・三波俊郎・増田光一(2002):河口デルタの汀線・粒径変化の予測モデル-沿岸漂砂による分級作用の再現-, 海岸工学論文集, 第49巻, pp.481-485. (PDF 1.9MB)
  178. 芹沢真澄・宇多高明・三波俊郎・古池 鋼・熊田貴之(2002):海浜縦断形の安定化機構を組み込んだ等深線変化モデル, 海岸工学論文集,第49巻, pp.496-500. (PDF 0.4MB)
  179. 酒井和也・小林昭男・熊田貴之・芹沢真澄・宇多高明・三波俊郎(2002):3次元Hsuモデルによるポケットビーチ内の護岸周辺の静的安定海岸形状の予測, 海岸工学論文集, 第49巻, pp.631-635. (PDF 1.5MB)
  180. 星上幸良・熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄・三波俊郎・古池鋼(2002):館山湾に位置する船形漁港周辺の海浜変形,土木学会海洋開発論文集,第18巻,pp.473-478. (PDF 1.9MB)
  181. 宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之・加留部亮太・三浦正寛(2002):沿岸漂砂量,波による地形変化の限界水深および波候特性の関係,土木学会海洋開発論文集,第18巻,pp.803-808. (PDF 0.4MB)
  182. Kumada, T., A. Kobayashi, T. Uda and T. San-nami (2002): Field observation of three dimensional changes of artificial beach and application of expanded Hsu model- the example of Kemigawa beach in Chiba Prefecture, Japan, Proc. 28th ICCE, pp.3711-3723.
  183. Akio Kobayashi, Takayuki Kumada, Takaaki Uda, Toshiro San-nami and Mausmi Serizawa (2002): Deformation mechanism of Kemigawa artificial beach in Tokyo bay, Proceeding of The Twelfth International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE, pp.560-566.
  184. 熊田貴之・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・三波俊郎・星上幸良(2001):千葉県検見川浜の海浜変形と3次元Hsuモデルによる変化予測,土木学会海岸工学論文集,第48巻,pp.536-540. (PDF 0.5MB)
  185. 熊田貴之・小林昭男・三波俊郎・宇多高明・芹沢真澄・古池鋼(2001):千葉県検見川人工海浜の変形機構について, 土木学会海洋開発論文集,第17巻, pp.559-564. (PDF 5.2MB)
  186. Takayuki Kumada, Akio Kobayashi and Kouichi Masuda (2001): Study on erosion process of artificial beach, Proceedings of OMAE’01 20th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, ASME, OSU-5155.
  187. 熊田貴之・小林昭男(2000):検見川浜を対象にした人工海浜の侵食過程に関する研究,土木学会海洋開発論文集,第16巻,pp.315-320. (PDF 1.8MB)
【利用関連】
  1. 清野聡子・宇多高明・伊藤良弘・南雲吉久・秋山 桂・五十嵐崇博・酒井和也(2012):海岸管理者技術教育プログラムの企画と実施 - 国土交通大学校における海岸科研修の例 -,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_1157-I_1162.
  2. 野志保仁・宇多高明・清水達也・熊田貴之・冨澤和雄・川瀬 栄・下木 豪(2012):一宮海岸が良好なサーフスポットとして成立している理由,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_1209-I_1214.
  3. 宇多高明・星上幸良・小澤宏樹・酒井和也(2012):自然の原理に忠実な中小河川の河口処理法,日本沿岸域学会研究討論会2012講演概要集,No.25(PDF),セッション08-02.
  4. 宇多高明・野志保仁・星上幸良・辻岡雄樹・西村隆吉(2011):福井県水島の海浜変形の実態と地形変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,I_541-I_545.
  5. 土子浩之・宇多高明・今井和敏・日向野 崇・丹 邦敏・野志保仁・熊田貴之・酒井和也(2010):神向寺海岸での粗粒材養浜後の海浜変形の追算と小宮作・下津海岸における海浜復元計画の検討,海岸工学論文集,第57巻,pp.636-640.
  6. 宇多高明・藤原博昭・上橋 昇・大木孝志・田代洋一・酒井和也(2010):皆生海岸の人工リーフの嵩上げの効果に関する実験,海岸工学論文集,第57巻,pp.891-895.
  7. 遠藤将利・小林昭男・宇多高明・野志保仁・岩瀬光平・大中 晋(2009):リーフ掘削に起因する波浪場の変化がSanur海岸の養浜後海浜に及ぼした影響評価,海岸工学論文集,第56巻,pp.481-485. (PDF 1.3MB)
  8. 谷沢 肇・宇多高明・松浦健郎・菊池泉弥・福本崇嗣・熊田貴之(2009):鹿島灘海岸北部における粗粒材養浜とサンドバイパスの効果検討,海岸工学論文集,第56巻,pp.716-720. (PDF 1.8MB)
  9. 宇多高明・住谷廸夫・長山英樹・熊田貴之(2009):日立市沿岸における海蝕洞の統計的性質, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.963-968.
  10. 菅原裕介・小林昭男・宇多高明・酒井和也・黒澤祐司(2009):人為改変による砂浜消失-千葉県船形漁港周辺海岸の例-, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.1185-1190.
  11. 小澤宏樹・宇多高明・星上幸良・内木場 俊(2008):ポケットビーチにおける人工リーフ建設に伴う海浜変形-福岡県鐘崎海岸の例-, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.203-206.
  12. 宇多高明・木暮陽一・銭谷秀徳・熊田貴之・三波俊郎・石川仁憲(2008):霞ヶ浦天王崎における湖浜再生に関する検討,水工学論文集,第52巻,pp.1219-1224.
  13. 宇多高明・木暮陽一・平野一彦・大内香織・三波俊郎・熊田貴之(2007):霞ヶ浦浮島地区における湖浜再生に関する検討, 水工学論文集, 第51巻, pp.1325-1330.
  14. 宇多高明・星上幸良・清野聡子・小澤広樹 (2006): 海岸土地利用の変遷と災害リスクの増大-千葉県鴨川沿岸の例-,海洋開発論文集,第22巻,pp. 193-198. (PDF 5.1MB)
  15. 長谷川雅紀・小林昭男・宇多高明・野志保仁・星上幸良・沢村敦人 (2006): 利用に配慮した緩傾斜護岸への改良法,海洋開発論文集,第22巻,pp. 721-726. (PDF 4.4MB)
  16. 石井秀雄・中村友和・宇多高明・大木康弘・熊田貴之・芹沢真澄 (2006): 茨城県神向寺海岸での粗粒材養浜による砂浜の安定化,海洋開発論文集,第22巻,pp. 887-892. (PDF 5.4MB)
  17. 石井光江・小林昭男・宇多高明・野志保仁(2006):市民への理解促進のためのフォトモンタージュ法による海岸の修景,日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集,No. 19, pp. 194-196.
  18. 野志保仁・小林昭男・宇多高明・北 賢治・芹沢真澄・熊田貴之(2005):マクロ的視点から見た砂鉄分布特性と広域漂砂特性,海岸工学論文集,第52巻,pp. 611-615. (PDF 0.8MB)
  19. 北 賢仁・小林昭男・宇多高明・野志保仁・和田信幸(2005): 堆積性海岸における粒径毎の飛砂特性,海洋開発論文集,第21巻,pp. 409-414. (PDF 2.5MB)
  20. 宇多高明・野志保仁・熊田貴之(2004): のり先が波に晒されて危険となった緩傾斜護岸の改善策,海洋開発論文集,第20巻,pp.473-478. (PDF 3.0MB)
  21. 木村久絵・星上幸良・小林昭男・宇多高明・三浦正寛・野志保仁(2004): 保安林造成が海岸侵食に及ぼす影響-千葉県九十九里海岸の例-,海洋開発論文集,第20巻,pp.521-526. (PDF 4.5MB)
  22. 宇多高明・小林昭男・酒井和也・熊田貴之・柴崎 誠・芹沢真澄(2004): 検見川浜に見る緩傾斜護岸の建設による砂浜の喪失,海洋開発論文集,第20巻,pp.551-555. (PDF 1.9MB)
  23. 宇多高明・酒井和也・熊田貴之・星上幸良・芹沢真澄・三波俊郎(2003):保安林の前進および波の遮蔽域形成に伴う沿岸漂砂の変化による自然砂丘の狭小化-近年における寺泊・野積海岸の変貌-, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.475-480. (PDF 2.7MB)
  24. 星上幸良・小林昭男・宇多高明・熊田貴之・酒井和也・三波俊郎(2003):千葉県外房に位置する平砂浦海岸における保安林造成と海岸侵食, 海洋開発論文集, 第19巻, pp.487-492. (PDF 1.7MB)
  25. 熊田貴之・小林昭男(2000):検見川浜を対象にした人工海浜の侵食過程に関する研究,土木学会海洋開発論文集,第16巻,pp.315-320. (PDF 1.8MB)
【生物環境】
  1. 清野聡子・宇多高明・伊藤良弘・南雲吉久・秋山 桂・五十嵐崇博・酒井和也(2012):海岸管理者技術教育プログラムの企画と実施 - 国土交通大学校における海岸科研修の例 -,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_1157-I_1162.
  2. 熊田貴之・宇多高明・鈴木真二・酒井和也・野志保仁・森田 学・柄沢研治(2010):無人飛行機(UAV)による新しい海岸モニタリング手法,海洋開発論文集,第26巻,pp.1167-1172.
  3. 星上幸良・宇多高明・柴崎 誠・萩野裕章(2010):海岸林の生育阻害と海岸保全に関する一考察-宮崎県沿岸の実例をもとに-,平成22年度日本海岸林学会研究発表会講演要旨集, pp.41-44.
  4. 南岡大介・小林昭男・宇多高明・野志保仁・清水達也(2009):ヨシの生育評価のためのHSIモデルの提案-夷隅川河口左岸を例として-, 海洋開発論文集, 第25巻, pp.353-358.
  5. 小林昭男・宇多高明・武 映一郎・野志保仁(2008):干潟におけるヨシ帯の再生機構に関する現地実験, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.133-138.
  6. 下山陽平・小林昭男・宇多高明・星上幸良・熊田貴之(2008):海浜変形とチョウセンハマグリの生息環境の関係, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集,No.21, pp.139-142.
  7. 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄(2007):チョウセンハマグリの生息分布の予測モデル,海岸工学論文集,第54巻,pp.1201-1205. (PDF 1.2MB)
  8. Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa, H. Ishii, T. Nakamura and Y. Oki (2007): Numerical simulation and field experiment on beach nourishment using coarse materials, Asian and Pacific Coasts 2007, Proc. 4th International Conf., pp. 1094-1105.
  9. 中島明日香・堀田健治・宇多高明・熊田貴之・古池 鋼(2004): 人工海浜の護岸周辺におけるヤドカリ生息条件,海洋開発論文集,第20巻,pp.401-406. (PDF 2.6MB)
航空写真・映像事業部
【モニタリング技術】
  1. 宇多高明・野志保仁・熊田貴之・酒井和也・本橋修二・菊池泉弥(2012):茨城県阿字ヶ浦海岸の海浜変形の実態,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol. 68,No. 2,p.I_672-I_677.
  2. 酒井和也・熊田貴之・松野宣幸・土屋武司・柄沢研冶・鈴木真二・鈴木太郎・橋詰 匠(2011):海岸調査における飛行ロボットの活用事例,飛行機シンポジウム,第49回,1A2.
  3. 熊田貴之・宇多高明・鈴木真二・酒井和也・野志保仁・森田 学・柄沢研治(2010):無人飛行機(UAV)による新しい海岸モニタリング手法,海洋開発論文集,第26巻,pp.1167-1172.
資源・自然エネルギー事業部
【自然エネルギー】
  1. 山口 敦・石原 孟・小川 豪・酒井和也・藤野陽三(2007):電力系統制御エリアを対象とした風力発電出力予測モデルの検証,風力エネルギー利用シンポジウム,Vol.29,159-162.
  2. 石原 孟・山口 敦・小川 豪・酒井和也・藤野陽三(2007):電力系統制御エリアを対象とした信頼区間付き風力発電出力予測に関する研究,風力エネルギー利用シンポジウム,Vol.29,163-166.
  3. 石原 孟・山口 敦・小川 豪・酒井和也・藤野陽三(2006):電力系統制御エリアを対象とした新しい風力発電出力予測モデルの開発,風力エネルギー利用シンポジウム,Vol.28,180-183.
  4. 山口 敦・石原 孟・小川 豪・酒井和也・藤野陽三(2006):電力系統制御エリアを対象とした風力発電出力予測モデルの適用可能性に関する研究,風力エネルギー利用シンポジウム,Vol.28,184-187.

PageTop