ホーム > ニュース > 屋内ドローンを利用した社員健康管理サービス「T-FREND」事業開始

ニュース

屋内ドローンを利用した社員健康管理サービス「T-FREND」事業開始

2017年12月07日

大成株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、社長:加藤 憲司)・ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、社長:熊田 貴之)・東日本電信電話株式会社 千葉事業部(所在地:千葉県千葉市美浜区、事業部長:池田 敬)の3社は、2017年3月23日に残業抑制を目的とした業界初※1の屋内ドローンを利用した社員健康管理サービス「T-FREND」の事業構想を発表※2し、共同開発に取り組んでまいりましたが、2018年4月より試行サービスを開始し、同年10月より本サービスを開始いたします。
 
業界で初めて屋内飛行を実用化、操縦者・GPSに頼らない自律飛行システム、高度なセキュリティ画像システム等、最新技術を搭載したドローンは、来春いよいよオフィス空間にテイクオフします。
 
サービス開始に先駆け、2017年12月13日(水)~15日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される、「第2回スマートビルディングEXPO」※3専用ブースにて実際に自律飛行を行います。
※1 屋内ドローンを利用した社員健康管理サービスとしては業界初となります(3社調べ)。
※2 http://www.taisei-bm.co.jp/ir/pdf/170323release.pdf
※3 http://www.smartbuilding.jp/
 

プレスリリース全文

PageTop