ホーム > ニュース > 電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」の共同開発について

ニュース

電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」の共同開発について

2017年03月24日

東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬 直己、以下「東京電力HD」)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:熊田 貴之、以下「ブルーイノベーション」)、株式会社テプコシステムズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:矢野 正吾、以下「テプコシステムズ」)の3社は、本日、自律飛行するドローンが電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」の共同開発について合意いたしました。

今後3社は、安全にドローンを飛行させる技術開発を進め、2018年4月を目途に実証試験を開始する予定です。

リリース全文

リリース別紙

「ドローン飛行支援システム」による送電設備自動点検イメージ
※東京電力HD様ホームページ内の動画ページに移動します。

PageTop