ホーム > ニュース > ドローン・フェス in INA Valley 閉幕

ニュース

ドローン・フェス in INA Valley 閉幕

2017年10月22日

10月18日~21日の4日間に渡って開催されたドローン・フェス in INA Valley が最終日を迎え、無事閉幕しました。

最終日の10月21日は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会の 鈴木 理事長・国土交通省の 大庭 課長補佐から基調講演があったほか、パネルディスカッション、鹿検知コンペティションの表彰式・技術レポーティングなど行われました。

パネルディスカッションには、モデラ―としてブルーイノベーションの熊田社長が登壇し、伊那市の 白鳥 市長・国土交通省の 大庭 課長補佐・日本郵便株式会社の 小池 部長・株式会社NTTドコモの 原 担当部長・株式会社クエストコーポレーションの 神戸 代表取締役 をパネラーとして迎え、『ドローン物流がもたらすビジネスチャンスと乗り越えるべき課題』をテーマとして議論され、ドローンという新しいイノベーションを拡大・実用化のためには国だけでなく自治体・民間団体と協力していく必要があるなど議論されました。

鹿検知コンペティションは残念ながら悪天候のため競技中止・コンペ不成立となりましたが、エキシビジョンに参加した「Team Ardu Pilot JAPAN(TAP~J)&エンルートM's」チームが特別賞として表彰されました。

当日の様子をメディアに取り上げていただきました。詳細はこちらからご覧いただけます。

・長野日報『伊那市ドローン・フェス最終日』
http://www.nagano-np.co.jp/articles/23687

PageTop