ホーム > ニュース > 9月6日、「物流用ドローンポート」の実証実験を行います

ニュース

9月6日、「物流用ドローンポート」の実証実験を行います

2017年09月01日

ブルーイノベーションは、東京大学と共同で、ドローンの目視外飛行において安全な自動離着陸が可能な物流用ドローンポートシステムの開発を行っています。
今般、ドローンポートによる機体姿勢の制御機能の検証と、ドローンポートシステムのクラウドによる遠隔監視・確認システムの検証を目的とした実証実験を、9月6日に長野県伊那市で実施いたしますので、お知らせします。

■実験概要
【日時】
9月6日(水)

【場所】
長野県伊那市長谷地区 (道の駅南アルプスむら長谷)

【内容】
検証ケース①:「ドローンポートによる機体姿勢制御の機能検証」
 ドローンポートからの第三者の侵入の有無又は強風の有無が機体に通知された際に、安全に機体の停止制御及び停止制御を解除できるかどうかを検証します。
検証ケース②:「クラウドによる遠隔監視・確認システムの検証」
 一連の荷物配送を実施する中において、開発したクラウドシステムを使用し、ドローンポートへの離着陸を遠隔で確認します。

リリース全文はこちらから

実験内容の詳細はこちらから

PageTop